家パチ、家スロやってます (ガリバーブルル)


by bullsan6
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2010年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

毎度! ガリバーブルルです
先月から家の外に在るきんもくせいの木に又蛇の皮がぶらーんと…
結構頻繁に脱皮しているようですね それに比べ私はというと
ブログ中々更新できず自分自身もちょっと寂しい今日この頃
久しぶりの更新でちょっと緊張気味です(笑)


今回ご紹介するのは平和の
サーカスです。
a0090128_6365781.jpg


普通機として世に送り出されましたが
立派な一発台です

一発台 まさに究極のギャンブル機
たった一発の玉を大当たり入賞口に入れるだけで
ホールが決めた終了個数まで玉が出続ける夢のパチンコ機
普通こんな台を監督官庁が許すわけないのです。

大当たりすると指定のチューリップやアタッカーが開き
それにより新たな入賞コースが出来上がるというのが当時の一発台
機種を思い出すだけでも
スーパーコンビ
ラインナップ
マグナム
紅薔薇
ミサイルポピー
プラズマ
エンジェル
アルファローズ
キューピット
カーニバル
メガトロン
2連チュー
アラジン
ベータ
プリズム…等々たくさん有りましたね

基本的に大当たりしても
開いたチューリップに再度入賞すればパンクとなります。
でも店側がパンクしないよう釘を調整しているので先ず大丈夫のはずですが
大当たりが直接チューリップに入るタイプ(タンブラー等)は稀にパンクは有り
大当たりしたら直ぐに店員を呼んで
確認してもらえば保障してくれる店も有りました。


私の行きつけのホールでは閉店間近に大当たりすると
蛍の光の音楽と同時に店員がガラスを空け
手で玉を入れて終了個数まで出してくれました。

余談ですがベテラン店員が担当するとある程度玉を入れるとしばらく間って
終了アナウンスが鳴らないか待って又玉を入れるという
きっちりした動きでしたが
新人店員に担当してもらうと、終了アナウンスが聞こえるまで
ひたすら玉を放り込んでくれたので出玉が少し多かったのも嬉しい思い出です。
終了個数は店により違いは有りましたが4000個~5000個が一般的でした。

さて機種紹介に戻りますが
このサーカスはスーパーコンビと同じようにクルーンを使ってアドレナリンを
放出させてくれます。
a0090128_7133147.jpg

当初一発台は特定入賞口に入ると即大当たりだったんですが
中々入らない為に投資ばかりが嵩んでしまいがちです
考えてみれば普段賞球があるのは天穴ぐらいなモンで
玉が減るのもハンパねー状態でした。
一発台が無い今では入賞口に入賞した瞬間やクルーンで回っている玉を見て
ドキドキしていたことなど面白かったことばかり覚えていますが
当時は大当たり穴に入るまで現金投資マシーンとなる為に
めちゃくちゃ入れ込んではいませんでした。
実際家パチで遊んでみても中々入らないもどかしさに
つい釘を緩めてしまいがちです。
a0090128_7232133.jpg

でもあんまり釘を開けると面白くなくなってしまいますのでバランスが大切です。

メーカーでもその辺が気になったのか
入賞口一発タイプからすこしでも興奮する状態を味わってもらおうと
入賞しやすく当たり難い機種が後半主流となりました。
でも見た目とは裏腹にスーパーコンビでは寝かせなどの加減で
1/3ではなく1/5~1/8ぐらいな感覚でしょうか
セイヤ、ベータに至っては1/20ぐらいじゃなかったでしょうかね
これぐらいになると興奮と言うよりイライラしてきて
逆に大当たり穴に入るのか疑ってしまうようになってきます。
何事もほどほどでないとね

サーカスでのパンクに対する重要な釘はこの一本
a0090128_7341424.jpg

このチューリップ横の釘をおもいっきり曲げておかないとパンクします
この機種はチューリップの先端にに弾かれた玉が、
これ又少し強引に曲げられた釘で下段のチューリップに入るようになっています。
a0090128_7365674.jpg


この機種はメーカーが綿密な計算によって直接チューリップに入らないよう
設計されており、さすが平和工業(当時)と感心したものです。
一発台末期に発売されたので保通協に一発台にはできないよと
わからないようにするため少々ゲージ構成も無理があったんでしょう
でも大ヒットにはいたりませんでした。
その辺の理由として大当たり時のメロディーがしょぼいと言うか
耳に残る音が無かったのが残念でした。
静かな湖畔の~♪で有名な機種のように大当たり時に何か印象が有れば
よかったんですがそんなものを付けると
保通協に一発台ですよとお知らせするようなもんですから…って本当?
ごまかしと言えば中央下に位置するこの怪しげなチューリップ
まさに一発台には出来ないと言いたげなゲージが微笑ましいです。
a0090128_7483312.jpg


最後になりましたが当時通っていたホールの中での出来事
ここの一発台はある特定の時間になると一斉に(全台ではないですが)
大当たりする傾向が有りました。
その頃で言うと夜8時頃になると大当たりしやすいんです
店側の裏操作だと言う人もいましたが多分スランプ(波)の関係だと思います。
でもそんな攻略的な噂が立つとガラガラだった一発台の島に7時頃から
どんどん人が集まり結果として8時には満席! 
稼動が増えれば大当たりも増えると
店にとってはまさに願ったり叶ったりだったと思います
元々一発台の入賞口は入りにくいゲージですから盤面の玉が暴れてきた時とか
どちらかと言うと出会い頭的な入賞が多かったですね

でも
本当に大当たり台が一気に増えるんです
[PR]
by bullsan6 | 2010-02-08 08:07 | パチンコ | Comments(12)