家パチ、家スロやってます (ガリバーブルル)


by bullsan6
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今日ご紹介するのは平和「ミラクルシューター」
a0090128_453577.jpg


以前は実機として持っておりましたが
現在では解体してセルと基盤だけになっております
しかも釘折れやチューリップ等も外しておりますが、気にしないでね

さてこの機種
大ヒットの名機「ビックシューター」の後継機として発売されました
私も新装2日目に実践したんですが、そこにはじめて見る光景がございました
まず釘を見てびっくり!!
ハネの始動口はゲーセンでも見ないような大股開き
この写真以上に開いておりました
a0090128_5155238.jpg


いくら新装とは言え なんじゃこりゃ?と思うほどでしたが
打ち始めて理由がわかりました
釘の状態がお祭り状態のため ハネは開きまくりで拾いまくり(笑)
とすれば、大当たりは…


















ぜんぜん当たりません
ミラーボール風の役物から出てきた球は
Vゾーン手前にある3つの小さな突起によって全て外されます

島を見回しても大当たりしている台は皆無
唯一大当たりしている台の釘は、通常営業並でした

この機種は、ハネモノの宿命ともいえる役物のクセが異常にきつかったんです
たぶんメーカーの予想を超えていたんじゃないでしょうか

私の行きつけのホールでも2週間後には外されておりました
その当時では考えられないような設置期間です

役物も非常に凝っていてどうしたらこんな動きができるの?と思うほど
変化にとんだ動きでしたね
a0090128_5283018.jpg




裏から見てみると2個のモーターで制御していたようですが
a0090128_5274517.jpg


大ヒットしたビックシューターシリーズの第2弾として
ホールもメーカーも大きな期待をしていたのに
ふたを開けてみれば、大コケ!
中々連続ヒットとはなりません

せっかくのチャンスを生かせなかった平和
この後、新基準機(16ラウンド)に変わるまでシューターシリーズは
発売されませんでした
でもこの失敗は以後の機種開発に大いなる教訓として生かされたんでしょうね
がんばれ平和! 負けるな平和! と応援したいですね
[PR]
by bullsan6 | 2007-05-29 05:36 | マニアな部屋 | Comments(0)
奇跡の連続更新
でもちょっと風邪気味です。
そんなことは、さておき今日ご紹介する機種は
デカドラムで業界に衝撃を与えた三共(現SANKYO)のデジパチ
フィーバーキングⅡです
a0090128_21151813.jpg


連チャン機ブームの真っ只中で登場したキングⅡ
保留連チャンは当たり前
その頃では常識みたいなもんでした

保留連は保留1~3個目だったように記憶しています

この機種には、幾つかびっくりするような逸話があります

その1
ドラム始動口に入賞するために必ずステージを通る

a0090128_21271446.jpg


この機種の入賞口上部にはステージがある為、ステージのクセが
ものすごく出ます。
その為に店が回転数を調整でできるのは、下の写真の部分でした。

a0090128_21295621.jpg

この部分で球に勢いをつけたりスピードを殺したり……………
そんな苦労を無にするぐらい癖の強いステージも存在しました
クセのいい台だと 50回/千円オーバーもあったとか
自分も行きつけの店舗の機種ごとのクセを把握していましたが
クセのいい台の釘が開くのは、ごく稀で…でもよく回りましたよ

その2
大当たり出球の多さ

a0090128_21375791.jpg


アタッカーが大きくアタッカー内での球の遊びも大きかった為、
よほどひどい調整をしない限り2400発オーバーは当たり前でした

その3
連チャン
上記に書きましたが、連チャン率も20%近いものが有りましたからね

その4
効果音
この機種には、スーパーリーチなるものは有りませんが
シングルリーチとダブルリーチでは、効果音が違いました
シングルではドゥ~ドゥ♪ ドゥ~ドゥ 知っている人にはわかりますよね(笑)
ダブルではピロピロピン ピロピロピン 表現が難しい
どこかのサイトで動画が有れば聞いてみてください

それと大当たり時のピキーンという衝撃音? 私は大好きでした
リーチの絵柄進行数も結構長くハラハラ感が長かったです

その5
そしてなんといってもデカドラム
正直、初めて見たときは盤面の1/3がドラムのような印象を受けました
でも、もっと驚いたのは店側だったんではないでしょうか
お客は前面しか見れませんがその裏面は・・・

a0090128_2153625.jpg

通常ならば基盤もしくは上部の球受けが一番出張っていたはずなのに
ドラムの役物が前面以上の存在感だったのです
実際、この出っ張りのおかげで設置できなかった店も有ったと聞きます

a0090128_21572161.jpg


そういう意味でも客も店もメーカーも(笑)衝撃的だったんでしょう

それと余談ですが
この機種の写真画像は、下のように7が揃っているのが多いでしょ
これは実機をもっている人ならわかることですが
電源を入れると下記にあるようなドラム配置でも自動でドラムに
777が揃うのです。

a0090128_2252887.jpg

                       
a0090128_2274128.jpg

普通の機種では面倒な大当たり写真も毎回撮れますよ
この機種以降フィーバークイーンが出てからは人気も下火になりましたが
客にとっては大歓迎! 
店にとっては思い道理に行かない「フィーバーキングⅡ」
私は大好きー!です
[PR]
by bullsan6 | 2007-05-23 22:08 | マニアな部屋 | Comments(0)
今回もクイズから入ります

その1
a0090128_2362160.jpg



既にメーカー名が判った方がいらしゃるでしょう


その2
a0090128_2373594.jpg


ちょっとピンボケでしたが・・・

その3
a0090128_2392470.jpg


ほとんどの方が判ったと思いますが
まだわからない人のために特別ヒント
a0090128_23105190.jpg

って言うかそのままじゃん











答えはこれ!
a0090128_23131162.jpg


大一
エスケープⅡ

この機種 確率280分の1 
確変開始絵柄 1・3・5・7  確変終了絵柄 2・4・6・8で当たるまで
連チャン 有り???

確率変動は、小デジのみ、 

普通に考えればCRデジパチと違い、大当たり確率は変わりません

ところが、店が閉めたのは下の写真のチャッカー
a0090128_23325570.jpg


ここ以上に閉められていました
a0090128_2334411.jpg


なぜ?






…攻略を受けたから

…それもあるかも

ここにメーカーの挑戦とそれを逆手に取った攻略プロの戦いがあったのです

なぜ、メインスタートチャッカーよりもサブデジタルが重要視されたのか?

この機種を打ったことがある方なら答えは知っていますよね

その答えこそ大一があえて取り組んだことなのです

それは・・・



デジタルへの挑戦

高速で抽選を行っているデジタルをアナログ的に当選させようとした
具体的に言うと確率変動が始まるとサブデジタルが当たるたびに
電動チューリップが開くのですが
チューリップが開いている時に入賞した球は、一時的にストック(保留)され
チューリップが締まった時に解除されるんです
a0090128_23454949.jpg


それがどうしたの?と言われそうですが問題は、ストックされた球(初球のみ)は
デジタルを始動させる時、高確率で大当たりします

本来、CR機と違い大当たり確率はアップしていないのに短時間で大当たりを
引けたのかというと

貯留解除のタイミングと大当たり周期が同調していたんです
これは、考えてみればすごいことだと思いませんか?

もし、今のCR機の大当たりが手動で狙えたらどうなるでしょう
それをこのメーカーは、成功させたのです

さらに数回開くチューリップは解除タイミングが全て大当たりと同調していたので
うまくすれば連荘となったのだから人気が出ないわけないですよね

この頃の現金機の確変はサブデジタルが確率アップするだけで
次の大当たりまでかなり時間が掛かりました

でもこのエスケープ2は、短時間で大当たりを出すことに成功したんです
しかも、確変終了図柄がそろってもうまくすれば保留連チャンで再び確変を
引き戻すこともあったのです

実は大一というメーカーは、この機種をさかのぼる数年前、
ニュービッグセブンPart4という機種のヒットでデジパチからストップボタンを
なくしたメーカーなのです。この機種以降、ボタン攻略に頭を悩ませていた
他メーカーもこれ幸いとストップボタン機能を無くしていきました

そういうわけで、私自身少なからずも大一を恨んだこともありました

そんな攻略めいた事をメーカー自身がやったのですから
攻略プロたちの餌食となってしまったのです

アナログ的に大当たりが狙えるなら体感機でも狙える!
そんなプロの思惑に、はまってしまったのです
実際、貯留解除で大当たりを狙うために大当たり周期は
当時の機種としては、長かったのです

せっかくメーカーが大当たり間の時間節約と連チャンを一石二鳥で狙ったのに
それが元で、攻略されてしまうとは…。

攻略を受けてからは釘は渋かったですが
それ以前は、けっこういい思いも多かったです

この機種のリーチはシンプルでデジタルが止まる数コマ前にスローになるので
大当たり付近でスローになると興奮ものでした

でもメーカーのデジタルへの挑戦はすごいと思います
今後もいろんなことにチャレンジしてくださいね

a0090128_0173947.jpg

a0090128_0175732.jpg

a0090128_0182246.jpg

a0090128_0184248.jpg

[PR]
by bullsan6 | 2007-05-21 00:22 | マニアな部屋 | Comments(0)
久々の更新です。
毎日、うちの嫁がPCを独占してまして
交代するのは、私の瞼が閉じてきた時なので
更新がのびのびになっています
がんばりますね (^o^)/

今回、又実機を購入したんですが
その機種は又の機会に紹介するとして
実機購入と同時に幾つかオプション品を購入いたしました

その1
a0090128_233622.jpg

掃除棒
先っちょに綿などを挟むような感じで使用するそうです
a0090128_2345521.jpg


これで以前からどうしようか考えていたセルの掃除ができそうです
ただ、皆さんは何で汚れを落としているんでしょうか?
お湯??
クリンビュー?
お掃除用マイペット?
ぜひコメントください <(_ _)>

もしかしてこれでできるのか?
a0090128_2384783.jpg

シリコンピカット
これはセルの掃除には、むいていないのかな

パチスロの前面は綺麗になりそうです

それとこれ
a0090128_23114160.jpg

小さいとわかっていましたがこれほどとは…
ビー玉を一回り大きくした感じです
コインの汚れは、ホールでも長時間パチスロを打つとわかりますよね
ては真っ黒になってきます
家スロではコインを洗浄していないのでより真っ黒に
機種を収集するのも楽しみですが
管理、メンテナンスはもっと大変で、しばらく使用していないと
正常に稼動しなくなる機種もあります(壊れるんでしょうね)

毎年、歳を重ねるごとに落ちてくる体力
老化していくレトロ機種たち
でも、今の機種は派手すぎてあまり好きでは有りません
古い台を楽しみながら当時を思い出すのもいいもんです

なんか話が支離滅裂になってきたようなので
今日はこの辺で勘弁!でございます
[PR]
by bullsan6 | 2007-05-13 23:20 | マニアな部屋 | Comments(0)