家パチ、家スロやってます (ガリバーブルル)


by bullsan6
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

元祖游パチは時間と忍耐が必要

毎度!
暖かくなりましたね ガリバーブルルです

前回の流れで今回も游パチで行きます
パチンコって昔はあまり規制が有りませんでした
一部、連発式の禁止等がありましたが、ある意味「自由な発想」が可能でした。
手打ちの頃のホールは今のホールから見ると温泉地の射的場に近い感じです
ホント!遊技場だったんですね
おじいさんたちが100円分の玉で1発打ってはアウト穴に吸い込まれるまで
玉の行方を追い、又1発打つ・・・そんなほのぼのとした空間でもありました

台の役物も色んな形がありましたが異本的にチューリップの連動方法は同じ
それでも新装開店なんかに並ぶと普段とは様相が一変し
正に戦場となるわけです。この頃は整理券もないし並んでもシャッターが開くと
みんな怒涛の如く、我先にと入っていったものです。
そして数日後にはゆっくりとした時間が流れる何時ものホールとなります
メーカーもフィーバーやゼロタイガーなどの新機種を開発しても
まだまだ遊技機としての名残で天穴と連動したチューリップや
毎回開くアタッカーなど遊技機としての名残が残っておりました
でも当時は、デジパチやハネモノは波が荒すぎる、お金が掛かるなどと
言われたものです。

規制が変わり新基準機が登場するたびに出玉の波が荒くなり
ハネモノで言えば16ラウンドが採用された頃から終了台(3000~4000発)の
信頼性も薄らいできました。
運がよければ…つまり店があえて優秀台を作らなくても偶然で終了台に
なるような仕様となったのです
チューリップ平台の頃は、回収台と優秀台の違いははっきりしていて
そこに遊び台が含まれることで店も収支バランスを取っていたように思います

時代が過ぎて今やホールは遊技場ではなくなっています
チューリップ平台を設置しているホールも極僅かとなってきていますし
「誰でも勝てる可能性がある」と言う言葉の裏でギャンブル化しています
確かに平台は、小箱(800個入)を一杯にするのにも
時間と忍耐が必要です
単純なチューリップの閉開でいい波が来るのをじっと待つのは
短気では耐えられないのかもしれません
正直、自分自身でも上皿分の玉が増えたり減ったりは根気が続かないかも
しれません
でもね、デジパチの確率を変えたりするぐらいで游パチといったりするより
もっとゆっくりとパチンコを楽しめる空間がほしいですね

古い親父のつぶやきでした(笑)

今回は游パチの元祖平台です。ただし手打ちではないので物足りませんが
三共 ハイパーボールⅠです。
以前にも紹介していますが、決してネタ不足ではありません(笑)
スーパーコンビで有名なメロディーが短時間ながら聞けます

[PR]
Commented by u-can at 2008-03-26 20:12 x
ハイパーボール…これも名機ですね♪
この台ならまだ残っている店を知っています(^^)
このご時世にステラ枠を触れるだけで幸せを感じます。。。

たしか…後継機でサンライズって名前でも出てませんでしたか??
そいつを結構打ち込みました♪

確かにチューリップ台って忍耐が必要ですが、確実な釘読みが必要になってきますし、それらを掻い潜って得た予定終了には格別な喜びがありましたしね☆
その味を味わえたのならもう…年寄り…いや!!仙人ですね!!
Commented by ガリバーブルル at 2008-03-27 06:26 x
毎度u-can様
過激な機種を避け波の穏やかな機種に
魅力を感じるのは年なのかもしれません(笑)
ステラ粋はカッコいいと思います
それ以降の粋はほとんど持っていません(T_T)
Commented by kanoka25 at 2008-03-27 22:24 x
この、動画を拝見しましたが
うーん、パチンコもたまにはいいかなー。
と、思えるようになってきた。

最近、スロでは勝てないので離脱中ですが
軍資金ができて復活するときは、パチでも・・
Commented by ガリバーブルル at 2008-03-27 23:00 x
毎度konoka25様
パチもスロも一長一短がありますからね~
最近の私はスロのほうが多いかと。
現在、軍資金がまったく無いので家でのプレイのみです (T_T)
by bullsan6 | 2008-03-26 07:54 | マニアな部屋 | Comments(4)