家パチ、家スロやってます (ガリバーブルル)


by bullsan6
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

連チャン機ブームの間で…

今日ご紹介する機種は、相当なマイナー機と思われるHEIWAの確変機 スーパーライセンスです。この機種を打った方はどのくらいいるんでしょう? 打っても記憶に残っていない方もいると思います。 この機種の特徴を挙げると

①大当たり以外に2種類の中当たりと小当たりの合計3種類当たりがありアタッカーが開きます
 ローマ字のリーチがかかると約5.8秒オープン(大当たり以外)
 偶数数字のリーチもしくは最後の右デジタルに  が表示されると約1秒オープン(大当たり以外)
 奇数数字でリーチがかかると一瞬だけアタッカーが開きます(大当たり以外)

②確率変動は中当たり、小当たりのみ確率がアップし大当たりと同じアタッカーが開く

③確率変動は、大当たりするか、ローマ数字の中当たりが10回出ると終了する

④大当たりしても確率変動に入らない
 この機種の確変は変わっていまして普通なら決められた大当たり数字で当たった後、確変に 突入となるところ、この機種では、77Hもしくは33Hの小当たり後に突入します

以上の特徴から現金投資中に入ることの方が多く(この頃はまだラッキーナンバー制が主流)投資が減らせました。但し持ち球が増えるのは稀で、玉持ちがよくなる程度でした。
しかも大当たりまで継続する保証も無い!、持ち玉遊戯中に出るわけでもないのでどちらかというと中途半端な確変でした。確率も連チャン機と変わりない235分の1でした。
しかも、勘のいい方は気が付いたと思いますが、
リーチがかかる=中・小当たり となりますので極端にリーチが掛からないのです。リーチが掛かれば小当たり以上が確定となる為、普段の大当たり期待感はかなり低いです。
逆に言えばリーチが掛かるとものすごい期待感が生まれるわけです。しかもアタッカーが開くのが確定ですからハンドルを止めてリーチを官能するのも勿体無いようで…(必ずアタッカーに入るわけでは無いですが)

こうしてみると設置が少なく短命なのは仕方のないことかと。

でも、自分はこの機種が大好きでした。と言うのも初期のデジパチの様にアタッカーが大当たりだけに使われるのではなく、大当たり以外でもアタッカーが開くという懐かしさと喜びを感じたからです。それにノーマルといえ、結構保留連チャンした経験がありますがやっぱりノーマルでしたね。

この機種を手に入れるのに苦労しました
何処も置いていないと言うし唯一在庫表に名前の挙がっていたマニアに覚えの多い○武商店でも在庫が無いとの連絡が…途方にくれていた時、パチンコ雑誌の秘○のパチ○コ術にプレゼントで出ていたのを見て早速応募!宝くじが当たった夢を見た日に実機が送られてきました。
もうめちゃくちゃうれしかったですね、普通なら宝くじの方がいいじゃないかと思うかもしれませんが、そこがマニアの変わった…もとい いいところです。

この機種には、直ぐGPチャンピオンという名でリメイクされました(こちらは、そこそこヒット)盤面は変わり有りませんが、確率変動は無くなり保留連チャン機として復活しました。

でも私はスーパーライセンスが好きなんです!
a0090128_10192661.jpg
a0090128_10195653.jpg

[PR]
by bullsan6 | 2006-12-10 10:23 | マニアな部屋 | Comments(0)